本文へ移動

理事長挨拶

 新生会は昭和58年3月の設立以来、41年間にわたり当法人の理念である「輝く命」の実現に努めてまいりました。おかげさまで令和6年度も新卒採用者を迎え、役職員合わせて240名で事業を運営することとなりました。これもひとえに利用者様をはじめ、関係者各位のお力添えがあってのことと心より感謝申し上げます。
 皆様方には、日頃より当法人の事業運営にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 今年は辰年と言うことで、昇竜の運気を期待しての年明けでしたが、元日には能登半島での地震、翌日には羽田空港での航空機事故と大きな出来事でのスタートとなりました。
 身近に大震災を経験した者として何もできなくもどかしい限りですが、被災された方々には心からお悔やみとお見舞いを申し上げますとともに、避難生活を余儀なくされている方々におかれましては一日でも早く以前の生活に戻れますことをお祈りする次第です。
 さて、終息を願ってやまないコロナ禍ですが、依然として散発的に感染が見られております。当法人に於きましてもご利用者や職員の感染により福祉サービスの提供に少なからず影響が出ました。まだまだ安心はできない状況があり、改めて法人運営にあたっても気を引き締めなければならないと思っております。
 昨年、新生会並びに新生園が40周年の節目を迎えることができました。その足跡は私どもにとって大きな財産でありますが、一方、施設の老朽化や地域福祉をとりまく諸環境の変化への対応が課題となって参りました。中長期的視野に立って、サービスの継続はもちろんのこと、ご利用者並びにご家族、そして地域との信頼関係をこれまで以上に構築し、使命であるより良い福祉サービスの提供と地域社会への貢献を目指し精進して参る所存です。
皆様方には変わらぬご理解とご支援をお願いしますとともに、この一年を健やかにお過ごしになられますようご祈念申し上げ、ご挨拶といたします。

 
 
                       あべ    はつお
                  理事長 阿部 肇男
5
1
5
7
5
0
TOPへ戻る