地域相談しんせいブログ

 

しんせいブログ vol.17  夕焼け

2018-08-16
8月16日。
昨日の夜から今日にかけて強い雨が矢巾町にも降りました。
被害の情報はなく、一安心です。
数年前、しんせいのある建物の横を流れる岩崎川が氾濫し、町内にも大きな被害がありました。
その後、河川の整備もされ、被害を未然に防ぐ対応がされてきています。
でも、スタッフ一同、様々な災害への心構えはしておきたいと思います。
8月16日、雨上りの夕焼けは、すごくきれいでした。

しんせいブログ vol.16  相談支援事業所「みらいの風」

2018-08-10
盛岡市にある「未来の風 せいわ病院」では、9月1日の相談支援事業所の立ち上げに向けて、取り組みを進められているとのことです。
相談支援事業所で働かれる相談支援専門員の方と事務担当の方、総勢4名が5日間にわたって、しんせいに実習に来てくださっています。
参考にしていただけるところは参考にしていただき、9月1日を迎えていただければと思います。
これからお互い切磋琢磨しながら、より良い相談支援に向けて連携を取っていくことができればと考えます。
せいわ病院で立ち上げる相談支援事業所の名前は相談支援事業所「みらいの風」とのこと。素敵な名前ですね。

vol.15 枝豆!ナス!人参!

2018-08-09
法人内の第二新生園のみなさんが、丹精込めてこめて作って下さった野菜です。
出張販売をしていただき、買わさせていただきました。
今晩は枝豆をいただきます。枝豆に合うと言われている飲み物と一緒にいただきます。明日は健康診断ですが、いただきますkiss
 

ブログvol.14  実習生

2018-08-07
8月6日から4日間、東北福祉大学の学生さんがソーシャルワーク実習前の体験実習に来ています。
相談支援の概要、相談支援専門員について、計画相談について、基幹相談支援センターについて、アセスメント等の講義、各種会議への参加、紫波郡内の事業所見学、障がい者虐待研修会への参加、家庭訪問同行等々、内容がぎっちり詰まった4日間になっています。
実習生の方に来ていただくことは、事業所としても日々の振り返りと新鮮な視点での話を聞くことができる貴重な機会だと考えています。
満足していただけるような実習になるよう、スタッフ一同、できる限りの対応させていただきたいと思います。

ブログvol.13 アイス!!!

2018-08-06
紫波町にある就労継続A型事業所「きらめき」で7/23 紫波中央駅前にアイスとフルーツを販売するお店「CraftCraft(クラフトクラフト)」をオープンしました。
本日、利用者さんと一緒に見学してきましたが、もちろんアイスを注文しました。
雫石、松ぼっくりのミルクジェラートにいちごやメロン、ブルーベリーなどのフルーツを
ミックスしたおいしいアイスクリームでした。
店内にはきらめきの社長さんが作ったプリザーブドフラワーやハーバリウムが飾られ販売もしています。
今度はメロンにしようかな♡

ブログvol.12  第1回基幹相談支援センター連絡会(夜の部)

2018-08-02
基幹相談支援センター連絡会(夜の部)は、紫波町のオガール内にある「御馳走 DE がんす」にて。
悩んでいること、やりがいの部分等々、突っ込んだ話もたくさんできました。
これからの連携を確認できたこと、そして「同じ仲間」という感覚を共有できたことは、参加したみなさんのエネルギーになったのではないかと思います。

ブログvol.11 第1回基幹相談センター連絡会(昼の部)

2018-08-02
岩手県には基幹相談支援センターが7か所あります(二戸圏域、滝沢市、盛岡市、紫波地域、宮古圏域、金ヶ崎町、一関市)。
8月1日、これらのセンターが初めて一堂に会して「しんせい」を会場に連絡会を行いました。(金ヶ崎は欠席されました)
地域性による違い、各センターの課題、そして基幹センターとしての統一した課題等々、たくさんの貴重なやりとりができました。
この連絡会を、継続して行っていくことも確認しました。
出席して下さったみなさんへのおやつは、あさあけの園のパン。カップに立てた姿は、まるでアンパンマンに出てくる「クリームパンダ」。

ブログvol.10 相談支援事業所会議(7月20日)

2018-07-31
毎月、紫波郡の相談支援事業所が一堂に集まっての会議が行われていますが、今月は「地域資源マップを作ろう」と題してグループワークを行いました。  二つのグループに分かれて、資源をどのようなカテゴリーに分けるか等々、ポストイットを使いながら活発な意見交換ができました。 今後、ワーキンググループを立ち上げるなどしながら、来年度早々には資源マップを完成させたいと思います。
 
 

ブログvol.9 虹の家の見学(7月9日)

2018-07-09
自閉症の方々への支援を学ぶ機会として、金ヶ崎町にある障害者支援施設「虹の家」の見学に行ってきました。
この取り組みは、新生会の人材育成委員会の取り組みの一つとして行われたものです。
今日を含めて、4回にわたり23名が見学させていただく予定です。
ご存知の方も多いと思いますが、「虹の家」は自閉症支援で多くの実績を残されている事業所です。
今回は、指定相談支援事業所「サポートにじ」の管理者兼相談支援専門員の小川博敬さんから虹の家の取り組みや支援の考え方などについて、見学と説明をしていただきました。
帰りの車の中では、「自分の事業所でどのような実践ができるのか」「どこから具体的支援に取り組むか」「まずはやってみることが大切だと分かった」等々、活発な話が飛び交っていたのがうれしかったです。

5月30日(水) 「つき一会」 内容:事業所紹介、「接遇の基本」研修(講師:しんせい 田代)

2018-06-21
注目
平成18年に発足した、紫波郡の障がい者に関わっている事業所・医療機関・行政を対象とした障がい者ネットワーク会議「つき一会」。今や、盛岡市の事業所や医療機関も加わり46団体で構成、その名のとおり月に一回、持ち回り担当制で研修、事例検討会等を行っております。