本文へ移動

相談支援しんせい所長ごあいさつ

指定特定・指定一般相談支援事業所
障害者地域生活支援センターしんせい
所長兼相談支援専門員  八重嶋 幸子
 障害者地域生活支援センターしんせいは、平成18年10月に「障がい者(児)が有する能力及び個性に応じて、自立した日常生活が出来るように配慮して行う」ことが基本方針の相談支援事業所として開設されました。
 現在は相談支援専門員5名が、矢巾町・紫波町中心に盛岡圏域の障がいのある方が、「障がいがあっても住み慣れた場所で、自分らしく普通に暮らすことができる」ためのお手伝いとして、みなさん(家族に含め)の相談内容に合わせて関係機関(福祉事業所・行政・医療機関等)と連携・協力しながら支援しています。
 相談の対象は、「療育手帳」「身体障害者手帳」「精神保健福祉手帳」を所有している方のみでなく、これから手帳を申請する方や病気や障がいの診断を受ける方の相談にも応じています。また、年齢も乳幼児から高齢の方まで、幅広い年齢層の方やその家族の方の相談に応じています。
 障害者地域生活支援センターしんせいは、各関係機関と連携して障がい者(児)のみなさんの生活をサポート致します。相談につきましては、ご自宅に伺う事もできますし、事業所で受ける事もできますので、まずはお気軽にご連絡ください。
 
↑31年新卒の方はこちらへ↑
0
7
5
7
6
0
TOPへ戻る