本文へ移動

新生ホーム所長ごあいさつ

ご挨拶
新生ホーム所長 佐々木 亮
 
 矢巾町は今、岩手医科大学付属病院の開院が決まり、保健、医療、福祉の充実はもちろんのこと、教育や文化、また、農産業、都市計画、商業開発等さらなる発展が期待される地域です。
 
 新生ホームは、平成6年に開設以来、四半世紀にわたり、障がい者グループホームを運営してきました。現在は、矢巾町に2カ所、紫波町に1カ所、盛岡市に1カ所と計4カ所総定員30名のグループホームを運営しています。今まで、この地域において、障がい者グループホームを運営することができたことは、何よりも地域住民の皆さまの温かいご支援によるものです。心より感謝申し上げます。
 
 地域住民の皆さまのご支援を糧に、諸関係機関と連携し、矢巾町を中心とした地域の障がい者福祉並びに地域福祉の発展に向かい、共に歩み、微力を尽くしたく考えております。
 
「共生社会」と言われる時代、新生ホーム利用者皆さまのよりいっそう豊かな地域生活の実現を目指します。
 
 そして、新生ホームは、ご利用者、ご家族、また、地域の皆さま、働くスタッフを含め、係わるすべての人たちの「輝く命」(法人理念)を実現したいと心より願っております。
 
 今後とも、障がい者グループホーム『社会福祉法人新生会「新生ホーム」』をよろしくお願いいたします。
             
1
3
9
8
5
2
TOPへ戻る