本文へ移動

新生園施設長ごあいさつ

ご挨拶
新生園施設長 小野寺仁子
 「輝く命」を法人理念として掲げた地域の方々の懸命な願いのもと、開設された「新生園」も35年を経過しております。
 この間に福祉制度や取り巻く環境は、自己決定・自己選択の理念のもと、措置制度から契約制度へと大きく変遷し、障害者総合支援法へと大きく変化してまいりました。サービス提供の仕組みも重度身体障害者授産施設から身体・知的・精神・難病の4障がいを一元化されるなど大きく変化してまいりましたが、利用者にとり、生活の場所であり、生きがいとして働く場所であり、幸福を求める憩いの場所であることは間違いないことと確信しております。
 現在は、障害者支援施設として施設入所支援、生活介護、就労継続支援B型(印刷科、洗濯科)、短期入所のサービスの提供に取り組んでおりますが、利用者の高齢化やニーズの多様化に施設設備の不備や、老朽化が課題になっております。
 昨今、想定外の災害や災難に遭遇することがありますが、矢巾町からは災害対策本部設置や避難準備情報等が届き、地域挙げての避難訓練も実施していただき、「新生園」の安全で安心な生活は、皆様方からの支援の賜物と深く感謝しております。今後もご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。
↑31年新卒の方はこちらへ↑
0
7
2
1
8
8
TOPへ戻る